ナンパを2年してみてわかった事

ナンパを2年してみてわかった事がある。

 

それは僕の場合の話だが。

僕の場合というのは、僕の年齢や性格、顔面のスペックなど僕という人間を通してやってみてわかった事だ。

だから誰にでもこれが当てはまるわけではない事を事前に伝えておく。

 

 

ナンパを2年通してわかった事。それはナンパをしていれば必ず自分に食いついてくる(好意を持ってくれる)女性と出会えるという事。

 

もちろんガンシカや、ヒドイ態度での拒否反応、など拒絶される事のほうが多いのだが、

必ず自分に好意を抱いてくれる女性と出会う事が出来る。

 

これは自信を持って言える。

 

最近これが自覚できたので、今日はどんな出会いがあるんだろうと期待して家を出れる時がある。

そういう時はナンパが楽しく感じる。

 

しかしそこからまたガンシカされたり、何の成果もなくてテンションが下がってきたりと、その繰り返し。

 

そして食いついているのも年齢を重ねる度に、見た目の後退(顔面の老化)などにより確立は徐々に下がってくるだろうと思う。

 

そう考えると今、なるだけナンパに打ち込んだほうが良い。

じじいになって、女性ともっとイチャイチャすれば良かったなんて後悔したくない。

 

今ナンパしていないと、絶対40代とかなった時にナンパしとけば良かったと後悔すると思う。

正直、40代は30代よりストリートナンパでゲットできる確立は減ると思う。

 

だったら尚更今やっておきたい。

 

後はモチベの性欲が湧いてこれば最高です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ